プロフィール 
  くりくり2


2003・1・1生まれの女の子



★息子ビーグル ぐっちぃー
2010・7・30生れの男の子



2012・4・9我が家の三男に。

☆くりくり2  屋主おかん

息子2人存在
現在2ワンコと長男坊家族と2世帯暮らし

★2010・9月29日
   母犬くっきーが天国へ・・・


管理


里親さん募集

東北地震犬猫レスキュー.com






★★捨て犬の十戒★★
★捨て犬の十戒★


ご主人様、これだけは覚えておいてください。
僕だって生きているということを。
心だってちゃんとあるということを。
天に召される最後の時まで、
ご主人様に尽くしたいと思っていることを。



奇跡の母子犬
kisekinohahakoinu_b.jpg

ありがとう。サイトさん

★ばんざい!母子家庭
★ケサラン・パサラン
★1娘4犬のママのひとりごと
★わたし時間
★ドラッグストアで幸せ探し
千の風になって そして
★安田陽代(はるよ)のブログ
★lunch time*everyday
★へなちょこビーグル
★☆ふたりごと2
★びーぐるさんたち
★ビーグル犬 サラとコロン~♪
★ビーグル侍
★三匹がいくっ!+わん!
★☆ビーグル犬ポピーが行くよ!
☆photo*cyobi☆
☆『ボクらとオカンの・・・漫才な日々』☆
☆ Paw ☆
☆コーギーと風にのって
☆Hima☆Dra
☆ウチのビーグル 名前はハウン
☆び~ぐる楽(がく)の日々気まま
☆≪NA・SHI・KA≫
☆私とビーグル犬トーマス
☆ビーグル犬【姫】今日のあんばい
☆姉猫ミルクと ダックス茶子 ビーグルクック 3きょうだい
☆ケンとねねと“新入りソラ”の ときどき日記
☆ダメいぬ 鼓太郎のぼやき日記
☆まめちん 南国移住日記
☆M家のおいぬさま
☆こたとゆずの元気日記
☆愛犬日記
☆Beagle☆Bagel
☆Luckyの気まぐれ日記
☆hinano
☆ももとまゆげ
☆Keep on smiling ... 明日も笑顔で
☆たれみみ なっちゃん
☆ビーグル犬☆茶々丸&海老蔵SQUARE
☆愛しき歳月 君達との日々
☆TenTen ふぁみりぃず
☆やんちゃビーグル チョコ
☆Beagle L ~9インチのビーグル犬える~
☆ビーグルナッツとナッチョスパパ
☆まるこちゃん
☆ドロップちゃん+パインちゃん
☆GOGO☆カンちゃん
☆ビーグル・ロビーの思春期日記
☆あたちはカンナ
☆はるのこのごろ
☆ちびキャンLife
☆ビルんちのぶーふーうー
☆ちびビーグルATOMとのスローライフ
☆びーぐるぶーぐる♪
☆まっちゅ!!
☆ポッチャリ! マーチ☆
☆AceのCooLな日記






カレンダー


最新記事


最新コメント


ランダム





月のカレンダー
地球も月もすごくキレイ!

Live Moon ブログパーツ



緊急時の避難に備えて

便利パーツ
にくきゅう手帳

天気予報



余命宣告






オカン地域の10日前のサクラの蕾は









一週間前 やっと桜が咲きました。







そして 2ワンコとゆっくり愛でる時間がないうちに








もう散ってしまいました。。。










余命1ヶ月ないと宣告された長男坊のお嫁さんのお父さん。
ホスピスに入院したそうです。

『悔いのないように・・・』と言っても
どんなに一緒の時間を過ごしても 悔いは残るからね。。。

末期ガン宣告から1年以上頑張って  
2度目の桜 見られたお父さんは
凄い人だと思うよ。











したっけね~









応援の「1ポチッ!」で元気に頑張れます。
お願いします。





      
 

子供にとって親の温もりは永遠ですね~ポチっを。 





お邪魔したブログにはポチ逃げ状態です。

ごめんなさい





スポンサーサイト

コメント

Re: No title

あやゴンmamaさん

ありがとうございます。
私も 両親を看取っているので
お嫁さんの気丈さが痛いほど伝わってきます。
壮絶な闘病を淡々と話している中で
声が震えたことも・・・
親は いつまでも元気でいてほしいものですよね。
若いお嫁さんにとっては覚悟してたとはいえ
まだまだ甘えたいでしょうに・・・
2013-05-26 09:49 | くりくり2 #- | URL [ 編集 ]

No title

北の春は短いっていいますよね。
もう少しゆっくりでもいいのにねぇ。

そうですか。 お嫁さんの気持ちを思うと辛いですね。
偶然ですが、昨日の夜のテレビで大阪のホスピスの取り組みを紹介していました。
「食べる」っていうことに重きをおいていて、何を食べたいかを個々でリクエストを聞いて翌日にそのメニュー出すそうです。
何年も口にしなかった思い出のメニューを少しでも口にできたときの患者さんの嬉しそうな顔。
ご自分はもう食べられない患者さんでも畳の間にお鍋をかこんで家族の人と一緒に過ごすだけでも幸せそう。一緒にいる家族もうれしそうで・・。
誰でも限りある命なんだけど、最後まで「食」にこだわって提供する病院っていうのもすてきだなぁって思いました。

お嫁さんのお父様、穏やかな日々が過ごせますように。
2013-05-23 10:28 | あやゴンmama #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iltuponnmatu.blog51.fc2.com/tb.php/939-35bde95c

 | ホーム |  page top