FC2ブログ

まっ白いバスタオルに包まれ 帰宅したくっきー。

娘はっぴーは わかっていたようでした。

いつものソファーに眠っているように横たわっているくっきーの
まっ白いバスタオルを 外そうと そっと引っ張ったのです。

そして 匂いを嗅いで くっきーの足元に
ちょこんと座って・・・・

いつものように こんな風にくっついて寝たかったのでしょうか

007.jpg

ソファーカバーの下に潜り込み 直接くっきーの体に触れることなく
布1枚隔てて 添い寝していました



我が家の 息子二人には 電話で知らせました。

長男坊は 夕方 仕事の途中に寄っていきましたが
くっきーの姿を見るなり 号泣

ティッシュ1箱抱え 泣きじゃくって
「俺、駄目だ・・・・」

   火葬は 明日だよ、付き合ってくれる?

「明日は 仕事休めるから 行けるよ・・・」

   良かった、一人は心細いから・・・


自宅から離れ 大学に行っている次男坊には

   帰って来れるなら来て。来れないなら そっちで手を合わせて・・・


「明日の火葬延ばせない?明後日なら行ける」

   わかった、じゃあ そうするね。



その晩 まだ温もりの残っている くっきーを抱いて
最期の散歩に出かけました。

ここ 走ったよね、  ここで よく おしっこしたね、

ここは好きな場所だったね、  ここは立ち止まるポイントだよね、

もっといっぱい散歩したかったよ・・・
もっと もっと 一緒にいたかったよ・・・

この草も この土も この道も 最期の散歩だよ・・・

ポロポロ 涙がとまりませんでした。



火葬の日、帰ってきた次男坊はくっきーに捧げる花束を手に。

火葬場に出発する時 次男坊がくっきーを抱いた途端

はっぴーが 吠えまくりました。

「連れて行かないで!!」と言っていたのでしょうか。


   わっかてるよ、はっぴーも一緒に行くんだよ・・・




「くっきーの形見に」と犬歯を持ち 戻って行った次男坊


今は天国で犬歯が1本抜けた姿で 思いっきり走り回っていますよね。。。

たくさんの思い出を ありがとう!!

画像 940



beagle5.gif

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ お願いしますニクキュウ

スポンサーサイト



やつれてダイエット

回想 くっきー その死まで

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)