FC2ブログ


函館で見た冬の風物詩 「けあらし」


「けあらし」は、空気が冷やされて海水よりも温度が低くなると
海面の水蒸気が霧のように見える現象です



海水面と気温が15度以上離れたシバレタ(厳寒の)朝に
発生するといわれている
寒い朝にみられる冬の風物詩です


この日は風がおだやかで寒さの厳しい朝…


条件がそろった時にしか見られないものなので
感動しました!


「けあらし」という言葉は 北海道の方言だそうですが
私は 普通に標準語と思っていました


気象用語では「蒸気霧」というそうですね



北海道沿岸の留萌や釧路、浦河などで見られ
北陸の富山湾などでも見られるようです


偶然とはいえ「けあらし」を 暖かいホテルの部屋から
ゆっくり眺める事ができたのは 幸運でした!


幻想的な雰囲気に しばし うっとり


画像 1147

遠くに見えるのは 青森



画像 1148

突端にいるのは 撮影クルー



画像 1149




画像 1150




この日は たまたま 北海道(?)放送局の撮影クルーが
宿泊していて ホテルの料理や食事風景を
撮影していました


きっと 素晴らしい風景が撮影されたのでしょうね



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ ポチッとお願いできますか

 応援ありがとうございます!




節約ブログにも遊びに来てくださいね⇒☆息子の大学資金300万貯めちゃう大作戦                       
      
beagle5.gifビーグル犬母娘にメッセージ 待ってます


 お奨め 







スポンサーサイト



こんな吹雪じゃ。。

3泊4日 お留守番

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)