FC2ブログ




こんにちは

 ぐっちぃーはっぴーおかんです



実はね かかりつけの動物病院で

”輸血”の言葉を聞いた時に

本当に この治療方法しかないんだろうか。。。





全ての状況は 理解も出来るし

治療に不満もないのですが

おかんの中で 何か感じるものがありました





以前から気になっていた オゾン療法は


はっぴーには出来ないんだろうか・・・


やってみる価値があるはず





そこで おかんの住んでいる市内で


オゾン療法を行っている病院を 調べました





おかんの住んでる所は

そこそこに 大きな市であるはずなのに

オゾン療法を行ってる病院は

ありませんでした・・・

でも 東側の隣の市と 西側の小さな町には

あったのです





悩んだ結果 西側の小さな町の動物病院に

希望を託してみました

何故 小さな町医者に?・・・・





そこには オゾン療法のほかに

”酸素カプセル” と ”ホリスティック医療” を

行っていたからです

漠然とした希望が湧いてきました


 


健康になることを目指してるわけじゃない

今の はっぴーを丸ごと受けれてくれて

希望を持ちたいだけなのです

そして 居ても立っても居られず

行ってきたのです






したっけね~ 



ポチ逃げ常習犯です。ごめんなさい




お帰りの際はポチッと 



ありがとうございます 
  




スポンサーサイト



飼い主にも優しいホリスティック医療

緩和治療だけなんですね・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)